乳首がへこんでいる陥没乳頭は、見た目が不自然になっていることから美容外科での整形手術というイメージがありますが、授乳ができない状態である場合には、保険適用になります。
授乳ができないだけでなく、汚れがたまりやすいために乳腺炎になるリスクもあるため、早期に治療を行ったほうが良い症状です。手術費用や保険適用になる条件について理解し、クリニックへの相談をおすすめします。

陥没乳頭の症状とリスク

真ん中がくぼんでいたり、へこんだりしている陥没乳頭は、母乳を作る働きがある乳腺と母乳が出る乳管の発育がアンバランスになっていることが原因で起こります。
指で引っ張ると出てくるものを仮性、指で引っ張っても外に出てこない場合を真性と呼び、真性の場合は授乳ができません。

指で引っ張ったり、刺激が加わると出てくる仮性の場合には、授乳が可能なこともあるのですが、真性と同様にへこみの部分に汚れがたまって、雑菌が繁殖しやすくなっています。
へこんでいる部分で雑菌が繁殖してしまうと乳腺が炎症を起こす乳腺炎になり、放置してしまうと乳腺の清浄な部分にまで炎症が広がって破壊され、うつぶせで寝ることができないほどの激しい痛みや発熱などが生じて日常生活に大きな支障が出る病気になります。
膿がたまってしまった場合には、患部を切開して膿を出す治療を行うことが必要です。陥没乳頭は、授乳ができなかったり、乳腺炎になってしまったりするリスクがあるという意味で、早期に治療をしたほうが良い疾患と言えます。

見た目も機能も治療できる

乳首がへこんでいる陥没乳頭は、手術をすることで見た目も機能も治療することができる症状です。高度な技術と十分な経験が必要ですが、乳房の専門クリニックなどでは傷跡が目立たず、乳管を傷つけずに手術を行うことが可能になっています。
傷跡は、以前は乳首の周辺をジグザグに切開して行っていたために残ることが多かったのですが、最新の方法では乳首の根元や乳輪の部分を小さく切るだけでできるようになりました。

最新の方法なら乳管を切断することが無く、傷跡も乳首や乳輪と同化するので目立たず、時間の経過とともにほとんど分からなくなります。人によって陥没の低度や状態が異なるため、一概には言えないのですが、手術にかかる時間が30分程度と短く、部分麻酔で行うことができるため入院せずに日帰りで治療を受けることが可能です。
見た目の不自然さが解消されるとともに、授乳が可能になり、乳腺炎のリスクも低下させることができるので、早めに治療をすることをおすすめします。

保険適用になるための条件

陥没している乳頭を引き出して、正常に戻す治療には、保険適用になる場合があります。40歳未満で、今後授乳をする予定がある人が対象で、陥没乳頭が原因で授乳が困難になると思われる場合や授乳ができないと診断された場合に保険適用になります。
保険適用の判断は医師が行うことになるため、クリニックで医師に乳首の状態を見てもらい、診断してもらう必要があります。

乳首の状態が陥没していて、授乳ができなかったり、困難になる可能性がある場合でも、保険適用の治療を行っていない場合や見た目の美しさを整える場合などには保険適用になりません。
クリニックによっては美容整形しか扱っていないことがあり、ひとりひとり陥没の状態が異なり、真性か仮性かの判断や治療の困難さの判断は医師やクリニックによって異なることもあるため、乳房の専門医がいるクリニックに相談することがおすすめです。
将来の授乳に備えての準備になる治療なので、慎重にクリニックを選ぶようにしましょう。

陥没乳頭の手術にかかる費用

陥没乳頭の治療には、保険が適用される場合があり、40歳未満で今後授乳の予定がある場合には対象になります。陥没乳頭が原因で授乳に障害があると思われる場合や授乳が困難であると疑われる場合に保険が適用されることになり、3割負担の場合両側で40,000円~50,000円程度の自己負担費用が掛かります。
重度の陥没乳頭の場合には、手術が複雑になり自己負担が50,000円以上かかることもあります。

保険が適用にならない場合や理想の乳首の形にしたいなど美容目的の場合、保険での治療を行っていないクリニックのときには、クリニックによって差がありますが両側で30万円~50万程度の自己負担になります。
保険が適用になるかどうかは、医師が判断することになるため自己判断せずに一度専門のクリニックへ行って、医師の診察を受けて相談をしてみることをおすすめします。保険適用の手術を取り扱っているクリニックを選んでいくことが、ポイントになります。

まとめ

陥没乳頭は見た目が不自然なだけでなく、乳腺炎や授乳の困難さなどのリスクがあるので、早めに治療を行ったほうが良い症状です。
40歳以下で今後授乳の予定がある場合には保険が適用になり、乳首の状態によって個人差はありますが、両側の手術を行った場合自己負担額は3割で約4万円~5万円程度になります。
保険適用で陥没乳頭の手術を行うことができる乳房専門のクリニックに相談することをおすすめします。