乳首が引っ込んでいる、表面がへこんでいる、平坦になっているなどの陥没乳頭は、そのままでは授乳ができないことがあります。
表面がへこんでいたり、引っ込んでしまっていることで清潔を保ちにくいために乳腺炎になることもあるので、早めに乳首を引き出す手術を受けることをおすすめします。
治療後の経過や再発の可能性などについて知り、正しい知識で手術を受けるかどうかを決めましょう。

陥没乳頭の症状と特徴

乳首の表面が内側に引っ込んでいたり、乳首そのものが乳房に入り込んでいたりすることを陥没乳頭になります。
本来は乳房の表面に出ている乳首が引っ込んでいるために、見た目が普通とは異なることが特徴です。
見た目以外の症状がないこともありますが、へこんでいるために汚れや皮脂がたまりやすかったり、雑菌が繁殖しやすい状態で、乳頭と乳腺をつないでいる乳管や乳腺が炎症を起こすことがあります。

乳腺炎になると、膿がたまって痛みや発熱があったり、場合によっては炎症が広がって組織を壊死させて激痛が走ったりすることもある怖い病気です。うつぶせになると痛みがある、胸が揺れると痛い症状があらわれますが、進むと何もしなくても痛みがあるという状態になることもあるのです。
また乳首が内側に入り込んでいると、出産後に授乳ができないということもあります。
陥没乳頭は単に乳頭がくぼんでいるという見た目だけでなく、授乳ができなかったり、乳腺炎になるリスクがあったりするため、早めに乳首を引き出す手術を受けることをおすすめします。

陥没乳頭の治療について

陥没した乳頭を表面に引き出す治療は、従来は乳首のまわりを3か所にわたってジグザグに切開して引き出し、縫合することが一般的でした。乳首のまわりに傷跡が残り、場合によっては乳管を傷つけてしまい母乳が出なくなってしまったり、再発して元に戻ってしまうこともありました。
最近では、乳房専門クリニックを中心に新しい施術方法が開発され、傷跡が目立ちにくく見た目がきれいになること、再発しないことから精神的な負担が少ないため、選ぶ人が増えてきています。

最近乳房専門クリニックなどで行われるようになった方法は、乳首のまわりに2か所、2㎜ほど小さく切開して乳首を引き出す方法です。
傷跡は残りますが切った部分が小さいことと乳首の根元や乳輪などと同化するため、時間がたつと傷跡はほとんど目立ちません。
乳管を傷つけることが無く、再発もほとんどない方法なので以前行われていた方法と比べて安全性が高く、再発率も低下していると言えます。

陥没乳頭手術と保険適用できる場合

陥没している乳首を表面に引き出す治療は、乳房専門クリニックなどで行われています。
最初に医師の診察を受けて、乳頭の状態を診断してもらい手術方法の提案をしてもらいます。
40歳以下で、授乳ができない症状で授乳の可能性がある場合は、医師の判断によって保険が適用されることがあるので、担当の医師に相談してみることをおすすめします。

当日は、部分麻酔を使い30分程度で終わります。術後30分から1時間程度の安静をしてから、入院をせずに自宅に戻ることが可能です。
交通機関を利用して、帰宅することもできます。術後の経過を見るために、2週間後と1か月後、3か月後などに通院をして診察を受けることになります。
再発することはほとんどありませんが、術後の診察で再発や傷のなおり具合い、炎症の有無などを確認し医師が問題ないと判断した時点で治療が終わります。術後は、マンモグラフィ検査やエコー検査などの乳がん検診を受けることができます。

陥没乳頭手術のダウンタイム

内側に引っ込んでいたり、平坦になっていたりする乳首を外側に引き出す陥没乳頭の治療は、乳房専門のクリニックなどでは、乳首の根元に2㎜程度の切開を2か所行い乳首を引き出して固定します。
部分麻酔で、30分程度の手術なので、入院の必要はなく日帰りで治療を受けることが可能です。
術中は部分麻酔が掛かっているので痛みを感じることはありませんが、術後1日から3日程度は痛みを感じることがありますが、痛み止めの内服薬が処方されます。

腫れや内出血は2週間程度で自然に消失し、傷口も徐々に馴染んで目立たなっていくという経過です。
当日に入浴することはできませんが、2日後からシャワー浴が可能で、1週間後から入浴が可能になります。
日常生活は、激しいスポーツやうつぶせに寝ることはできませんが手術当日から通常通り可能です。
術後に経過を見るために2~3回の通院を行い再発していないかなどを確認しますが、再発をする可能性は低く、ほとんどの人が再手術にはなりません。

まとめ

乳房専門のクリニックで行う最新の陥没乳頭手術では、傷口がとても小さいために目立たなくなり、ダウンタイムも短いので負担が少なくなっています。
陥没乳頭は、見た目が通常とは異なるだけではなく、授乳ができなかったり、乳腺炎になるリスクがあったりするので、早めに治療を行うようにしましょう。
きちんと治療をすると再発することはほとんどなく、見た目もきれいに仕上がるので乳房専門のクリニックに相談することをおすすめします。